前回のコラムはこちら▽

ママ起業の理想と現実。子育てと起業の両立はどうしたらいい?①

もしも子育てしながら自宅で仕事ができたら……

 

そんな理想と、目の前に現れる現実。

今回は「稼げない時期」編のコラムです。

 

ママ起業に限らず、始めたての頃は軌道に乗るまでが大変ですよね。

かつ小さな子どもがいると無理ができない(ピンチヒッターを引き受けるなど)ので、チャンスが遠のきがちです。

リスクの少ない仕事を選択すればするほど、受注できたとしても単価の低い仕事になります。

 

そんな状態で頑張れば頑張るほど、自分は苦しいのに周りからは「それって結局あんまり稼げてなくない?」と見られてしまう結果に。

 

ここで「子どもがいるから上手く稼げないんだ」とは決して思わないでください。

起業という形を選択するのであれば、必要なのは「子どもがいても稼げるように意識改革してビジネスを行う」ことです。

(ちなみに「主婦でも簡単!」とか「○○するだけだから子どもがいても稼げる!」みたいのはだいたいカモにされるだけなので気をつけてください…)

 

小さな子どもがいるからといって、自分の可能性を諦めない。

ただし、小さな子どもがいるのを言い訳にはしない。

 

その覚悟を持った時、理想の働き方へのスタートラインに立てます。

 

次回は「稼げるようになった時期」の苦悩編。

稼げるようになっても悩みがあるんかい!という感じですが、あるんですよねぇ。次回もぜひご覧ください。