起業すると多くの課題があるが私が最も悩んだのは、プレイヤーか経営者のどちらかを選ばなければならない時だ。

今の会社が出来る時、ある人に「プレイヤーか経営者か選ばないといけない時が来るよね」っと言われた。判っていたことだが出来るだけその決断は後にしたいと考えていた。

 

実現したいことのために知識を学び、技術を身につけた。
皮肉なことに事業が上手く行き、スタッフが増えることで身につけた知識と技術を発揮する場所は狭くなっていく。その代わりにスタッフが働きやすい環境づくりや事業がスムーズに行くための経営側の仕事が増えて行く。

プレイヤーと経営の両方を同時に進めて行くこともできるし、プレイヤーとして前線に立つことの方がスムーズに進むこともある。だけど、実現したいことや大切にしていくことは1人じゃなくてもいいと考えるようになった。

会社の規模が大きくなるにつれてこの課題は経営者の悩みのひとつのようで先ほど私に助言してくれた人も同じように悩んでいたのかもしれない。

 

プレイヤーとして前線に出る機会が減る度に「この仕事が好きだ」と気付く。だからこそ、私の代わりに前線に出てくれるみんなにはその仕事が好きになって欲しいと思っている。