こんにちは!

木曜日の14~20時に

コーディネーターをしてます

中小企業診断士の佐野です。

 

愛知県の緊急事態宣言が解除され、

スタートアップガレージの

コワーキング利用も、制限付きながら

再開されました。

 

コワーキング利用再開については、

こちらのページ↓にてご確認ください。

【お知らせ】コワーキングスペース利用再開について

 

本日は数名の方が

ソーシャルディスタンスを保ちつつ

コワーキング利用いただいてます。

 

さて、話変わりまして、現在、

「小規模事業者持続化補助金」

の公募がされています。

 

公募申請の次の締め切りは、

6月5日です。

 

小規模事業者持続化補助金は、

2種類のタイプが用意されています。

 

1つは、一般型(公募ページはこちら)。

これは、

「地道な販路開拓等の取り組み」に対して、

その費用の2/3が補助されます。

ただし、補助の上限額は50万円です。

 

例えば、75万円の費用を使うと、

そのうちの50万円が補助され、

実質の自己負担は25万円になります。

 

小規模事業者持続化補助金の、

もう一つのタイプは

コロナ特別対応型」です。

(公募ページはこちら

 

これは、公募ページによると、

新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために前向きな投資を行いながら販路開拓等に取り組む事業者への重点 的な支援

を図るものとのことです。

 

コロナ特別対応型は一般型と異なり、

補助の上限が100万円です。

(補助率は2/3で同じ)

 

これは、150万円の費用を使うと、

100万円が補助され、

実質的な自己負担50万円となります。

 

コロナ特別対応型で申請をするには、

以下に要件に該当することが前提となります。

①「サプライチェーンの毀損への対応」、「非対面型ビジネスモデルへの転換」、「テレワーク環境の整備」のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと

②持続的な経営に向けた経営計画を策定していること

 

小規模事業者持続化補助金のご相談も、

スタートアップガレージにて承って

おりますので、

この補助金が気になる方は、

佐野までご相談ください。