StartupGarageナビゲーターの湊本(みなもと)です。とよはしまちなかスロータウン映画祭実行委員で、映画大好きな私が書く「仕事に効く!!映画紹介ブログ」。ネット配信等で、気軽に自宅で映画鑑賞なんていかがでしょうか。これを読んで映画を観れば、きっとあなたの仕事に効く事!!間違いなしです。

【ファウンダー・ハンバーガー帝国のヒミツ】2017年公開作品

 

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

予告編は、こちら

マーケティング&イノベーション

実話を元にした物語で、映画としてとても面白い作品です。プラス鑑賞の際、マーケティングやイノベーションの概念を意識すると2倍楽しめます!マーケティングの4P(製品・価格・流通・販促)やブランド&ブランディング、イノベーションの破壊的創造や新しい満足を生み出す・・・を自然に学ぶ事が出来ると思います。

どちらが創業者(FOUNDER)?

タイトルのファンダーは、創業者という意味です。主人公レイ・クロックとライバル?のディック&マック兄弟、さてどちらが創業者と考えるでしょうか?自分が面白いと思うのは、映画自体はその答えを観客に投げ掛けている所です。監督のジョン・リー・ハンコックはこうコメントしています……「観終わった後に何かを考えさせられる、ずっと考えてしまうような映画じゃないかな。」

 

今回、大手ネット通販の動画配信サービスで時間を測りながら、見直しました。約2時間の作品で、起承転結が30分毎にほぼきっちり区切ってある構成でした。(お見事)サクッと観られて、あなたの仕事に効く事間違いなし!!です。