普段私たちが何気なく目にしている新聞折込や企業の案内、地域イベントなどの『チラシ』、これらをもし自分が作るとなったらどうしますか?

ジャンルを問わず自分の活動を知ってもらうために必要なツールであるこの『チラシ』について、作る側・手に取る側双方の視点で集客に繋がるチラシ作りについて深く掘り下げてみようという企画です。

「チラシの収集が趣味」という宇野 大輔 氏にファシリテーターとして参加いただき、『自力でも伝わる、人の集まるチラシをつくる!』をゴールに参加者の皆さんで意見交換やアドバイスをし合いました。

 

当日は予想を上回る10名以上の方にご参加いただき、たいへん盛り上がりました!

 

多くのビジネスで「訴求する」ということは大切ですよね。

イベント集客はチラシの作成を含め、いかにして訴求するかという行為になります。

しかし、読み手に響く情報発信というのはなかなか難しいですよね。

ひとりで悩むよりも、いろいろな人に意見を聞くのが早い場合もあります。

もちろんプロのデザイナーに毎回依頼ができれば良いのですが、事業のスタート時には資金的に難しいことも多いでしょう。

また、自分で最低限の感覚を持っているとデザインを外注する時にも役立ちますよ。

 

Startup Garageでは様々なイベントを開催中! 最新情報はFacebookページから発信しています▽

https://www.facebook.com/startupgarage1111/