こんにちは!

中小企業診断士の佐野敏幸です。

 

毎週木曜の遅番(14~20時)で

スタートアップガレージにて

コーディネーターを

させていただいてます。

 

新型コロナウイルスの

影響が甚大です。

 

多くの企業にとって、

この有事を生き残るために

何をするべきか。

 

ごく一部には、コロナ禍で

業績が良くなっている業種も

ありますが、

そういったごく一部の業種を除き、

大半の業種では売上激減などの

大打撃になっています。

 

大打撃を受けている企業が

緊急で取り組むべきなのは、

「資金調達」

と思います。

 

企業を守るのは

利益ではありません。

 

現預金残高です。

 

そのために、国からも

多くの資金繰り支援策が

打ち出されています。

 

 

まだ、申し込んでいない方は、

急ぎましょう!

 

また、雇用調整助成金のような

「経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度」(厚労省HPより)

制度もあります。

 

この有事において企業が

生き残るためには、

公庫や民間金融機関や助成金に

1秒でも早く申し込む!

これが大事です!