プロダクトアウトはもう終焉している。

ビジネスの世界では当然のこととして今の時代は周知されているこのプロダクトインは今もまだ続いているのが現状だ。

 

作り手の視点を優先させたプロダクトアウトは、ユーザーが本当に欲しいものとは異なり無駄な機能が多く、ユーザーが使いこなせないことが多い。市場に送り出したとしても誰も使いこなせず、必要としていないプロダクトは当然、淘汰される。

良いものを作れば売れる時代は、ずっと昔に終わっている。それにも掛からず未だにその流れが飛び出せない現状は続いている。

 

一方、マーケットインというユーザー目線で本当に必要なものを作り出す考え方は今の時代に合っている。顧客をどれだけ理解しているかがビジネスの成功の鍵なのだ。ユーザーが本当に欲しいものを欲しいタイミングで提供でき企業は成長著しいはずだ。今、あなたが利用している物やサービスはなぜ利用しているのだろうか?

手に取った理由は?

利用を開始した理由は?

そこにマーケティングのエッセンスがあり、それがビジネスの成功の秘訣なのだ。

 

 

マーケティングは今の時代もどんどん進化している。
経営者はマーケティングの重要性に気付きながらもどのように取り組んでいいのか頭を悩ませているが、マーケティングにより市場のシェア率が高まっていく時代に指を加えているわけにもいかない。

簡単な質問をします。少し答えてみてください。

  1. 今、進めているビジネスは顧客から選ばれる理由があるだろうか?
  2. 唯一無二の存在であり、代替が難しいものだろうか?
  3. 日用品であれば、日々使う理由はなんだろうか?
  4. ライバル商品と比較してもなぜ選ばれるのだろうか?
  5. あなたのビジネスを顧客が思い出すタイミングはいつだろうか?

どうでしょうか?
明確な答えを出すことが難しい質問もあると思いますが、マーケッターが考える視点が少しは見えてきたのではないかと思う。

 

これからの質問には、プロダクトが選ばれる理由が隠れている。そして、選ばれる理由はプロダクトや企業のブランドへと変わっていきます。ビジネスは、選ばれる理由とそこから生み出されたブランドが育っていくと加速的に成長していくことにつながる。

 

あなたのビジネスに選ばれる理由があるだろうか?

株式会社Performance Reha CMO

主な活動分野はヘルスケアビジネスとソーシャルビジネス。理学療法士、トレーナーの仕事の他、起業や新規事業のアドバイザーをしています。マーケティングとブランディングが好きで戦略思考でビジネスをサポートしています。
最近、更新頻度が高い前兼久のTwitter

日々の出来事はこちら前兼久のFacebook

日々の活動をまとめた前兼久のブログ