SNSを活用していますか?

個人だけでなく企業でもSNSの活用が盛んになっています。

一方でバイトテロっと言われるようなアルバイト店員による過激なSNS投稿により、投稿が炎上し企業の経営に大きな損失が出ることもあります。

炎上が恐くなかなかSNSの活用が進まないという企業も少なくないようです。しかしながら、今の時代にSNSを活用しない理由が見当たりません。

炎上が恐いのでのであれば、SNSの活用ルールを決めればいいのです。

 

現在、ブランディング視点からのSNSは欠かせないものとなっています。
企業の情報発信は一昔まではマスに対してのCMなどが中心でした。情報発信には時間・お金のコストもかかり資金力のある企業が出来る技でした。

SNSは基本的に無料で活用できるツールです。
企業の活動やキャンペーンなどタイムリーな情報を常に配信することができます。ホームページで充分と考える方もいますが、ネット上にあるホームページはゴールになっており、入り口でないっということを伝えておきます。つまり、顧客があなたのホームページにたどり着くには順序があります。

シンプルに書きますが、顧客の購買行動は【SNS→ホームページ】です。SNS=入り口、ホームページ=ゴールです。

SNS活用で新規顧客の獲得、ロイヤルカスタマー誕生、質の良い口コミの発生など営業と広報を同時に獲得することができるのです。さらにマーケティングの視点も加えることができます。

補足ですが、SNSの発信内容は、企業のブランドを意識した情報とそれ以外の情報に区別しそれ以外の情報を発信しないことで炎上の予防線を張ることができます。

 

最後に、SNSは一方的に企業が情報を発信する場ではありません。コミュケーションの場です。この視点が抜け落ちて情報発信していても誰も見向きもしません。まずはコミュケーションの場であることを理解しましょう。そして、その先にはコミュニティが作られます。

コミュニティを持つ企業と持たない企業。どちらが良いでしょうか?

 

株式会社Performance Reha CMO

主な活動分野はヘルスケアビジネスとソーシャルビジネス。理学療法士、トレーナーの仕事の他、起業や新規事業のアドバイザーをしています。マーケティングとブランディングが好きで戦略思考でビジネスをサポートしています。
最近、更新頻度が高い前兼久のTwitter

日々の出来事はこちら前兼久のFacebook