スタートアップガレージナビゲーターの湊本(みなもと)です。とよはしまちなかスロータウン映画祭の実行委員で、映画大好きな私が「仕事に効く!?映画紹介ブログ」。劇場公開の最新作品をご紹介致します。これを読んで映画を観れば、きっとあなたの仕事に効く事!?間違いなしです。

 

アメリカン・アニマルズ(AMERICAN・ANIMALS)
2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で窃盗事件が起こった実話を映画化。標的は図書館に貯蔵されたなんと時価12億円!のジョン・ジェームズ・オーデュボンの画集「アメリカの鳥類」。強盗犯人は、現役大学生4人組。ウォーレンとスペンサーの仲良しコンビが引きこんだのは、FBIを目指す秀才エリックと、当時既に実業家として成功を収めていたチャズ。中流階級出身の彼らは何故犯罪に手を染めたのか?米犯罪史上最も大胆不敵なこの強盗事件の結末は…。

苦い青春映画

いわゆる「お宝強奪モノ」映画と思っていたのですが、実際は苦い青春映画でした。有名なオーシャンズシリーズとは真逆、どちらが好みかは観た人に委ねられますが…。自分は思いっきり主人公達に感情移入できました。「チームを作る」「計画」「実行」など全てが甘いのですが、全てが愛おしく感じました。

ドキュメンタリー映画監督が撮った実話映画

極力ネタバレしないようにですが、この作品はドキュメンタリー映画出身の監督が撮った作品です。かなり前半から、あ〜こういう構成・展開なのかと驚かされます。非常に新鮮な表現で、関心しました。

音楽もイケてるので、テンポよく鑑賞できる映画ですよ。前回ブログ「バイス・Vice編」と同じ結論ですが反面教師として、「チームで成果を上げる」「危機管理能力」を考える上で仕事に効く!?映画です。是非、ご覧ください。