久しぶりにバッティングセンターでバットを思いっきり振った。
振ったバットの芯にボールが当たり、ボールは気持ち良く飛んで行った。

 

成功だけにしか得られない価値がある。

失敗から多くを学び改善したところで成功から得られる価値に勝るものはないと考えています。

「失敗から多くを学ぼう」っと私はよく言うのですが、その先にある成功を得るための考え方、手段でしかありません。
ビジネスでは、PDCAサイクルの考え方になりますが、それ自体には意味がなく、その先にある成果=成功を手にしなければ何周PDCAをブン回したとしても本当の価値は得られません。

 

成功の確率は極めて低いことは、私が言わなくても誰もが知っている事実だと思います。

 

バッティングセンターでの出来事は、初球のボールがたまたま芯に当たっただけで、その後は会心のスイングはありませんでした。
それどころかバットを振るの早すぎたり、低すぎたり、高すぎたりと課題が多く、PDCAを何周もブン回しながらスイングを繰り返しましたが、会心のスイングの答えは出ることはありませんでした。

ただ、解っていたのは手に軽くマメができていたことと明日の筋肉痛のことくらいでした。

ビジネスの成功の確率を高める

私はこれまでマーケティングやブランディングを強化することでビジネスの成功の確率を高めるサポートをしてきました。

派手なことはなく、地味なことが多い分野ですが、ビジネスにおいては欠かすことができない分野であると考えています。

 

市場の大きさや購買行動、頻度、顧客の心理など形がなく常に変化するものを追いかけて解釈し、提供するサービスや製品の価値が市場に届くように戦略を考えます。

ビジネスで会心の結果を得る黄金のバットはまだ存在しませんが、マーケティングとブランディングを学び成功の確率を高めることはできます。

そして、成功は準備の量と質に影響されます。
マーケティングとブランディングはその準備にあたります。準備をしないビジネスは、目隠しをしてボールを打ちに行くようなものです。

目隠しをしたバッターがヒット打てるでしょうか?
そもそもバッターボックスにも入っていないかもしれませんよ…。

最後になりますが

挑戦するならば成功していきましょう。

そのためにしっかりと戦略を立て、準備をして、必ず実行していきましょう。

その先には、成功でしか得られない価値が必ずあります。

 

 

株式会社Performance Reha CMO

主な活動分野はヘルスケアビジネスとソーシャルビジネス。理学療法士、トレーナーの仕事の他、起業や新規事業のアドバイザーをしています。マーケティングとブランディングが好きで戦略思考でビジネスをサポートしています。
最近、更新頻度が高い前兼久のTwitter

日々の出来事はこちら前兼久のFacebook

日々の活動をまとめた前兼久のブログ