スタートアップガレージナビゲーターの湊本(みなもと)です。とよはしなちなかスロータウン映画祭の実行委員で、映画大好きな私が今回から「仕事に効く!?映画紹介」ブログ始めます。劇場公開の最新作品をご紹介致しますよ。これを読んで映画を観れば、きっとあなたの仕事に効く事!?間違いなしです。

 

バイス(VICE)

アメリカのジョージ・W・ブッシュ政権副大統領、ディック・チェイニーの波乱万丈な人生を描く。影の大統領とも呼ばれ、9.11テロではブッシュ大統領を差し置いて危機対応にあたる。そしてイラク戦争へと国を導き、法を捻じ曲げる事も、国民への情報操作もすべて意のままに。アメリカと世界の歴史を根こそぎ塗り替えてしまった、驚異の実話映画。

バイス予告

実在の人物、そしてまだ生きている!人物を主人公にしている凄い映画でした。(しかもコメディ映画!)ピンチの状況での指導力、政治力は圧巻です。(良い悪いの判断は、置いておきますが…)9.11テロというアメリカ最大級の悲劇を自分のチャンスに変えてしまう男、恐ろしいです。NHK大河ドラマ「軍師官兵衞」で本能寺の変が起こり、すぐに豊臣秀吉に策を授けた黒田官兵衛を思い出しました。

カートという、謎の一般人が案内役(ナレーター?)で登場します。この人物が面白かった&終盤の展開に、驚きました。映画的アレンジですが彼の持つ意味、深く考えさせられました。

チェイニーを真似したり参考にとはとても思いませんが、政治や権力を考える上で仕事に効く!?映画です。是非、ご覧ください。