「あーもう無理だ!」

 

初めての起業では、限界だと思える経験を多くの人がする。資金繰りのこと、事業のこと、人のこと、起業の悩みや課題は尽きることがない。

 

 

うまく事業を進められる人もいるだろうが、起業家のほとんどは全てが初めての経験なので失敗も多くなってしまう。

「そこで諦めたら試合終了ですよ」っと有名なセリフすらも耳に入ってこないくらいの追い込まれ感がある。

 

無理だと思う場面を私は事業の限界点と呼んでいる。

起業における限界点はフェーズ毎にあり、事業が軌道に乗るまではいくつかの場面で限界点はやってくる。

 

事業の限界点は人、時間、金、モノなど事業に関わるリソースそれぞれの動きに影響される。

動きが止まれば次第に影響が及びそれぞれの動きが止まってしまう。または、一部が大きくなりすぎると事業のバランスが崩れで健全な状態を維持することが難しくなってしまう。

 

 

 

「もう無理だ!」と思ったらまずはリソースの現状を見直してみてください。できるだけ客観的な視点から観てみる。

そこには事業に影響を及ぼすリソースがトラブルを起こしています。

 

 

精神的に追い詰められるとなかなか冷静な判断はできないですが、そこは気持ちを落ち着かせて問題を見極めてください。

まずはよく観察すること、そして現状の分析をする。そこから導き出された答えを解決することに注力していきます。

 

 

コーディネーター

前兼久