起業準備をしているとあなたのやりたいことを止める人が出てくる。

 

ドリームキラーだ。

 

起業だけに留まらず、新規事業や改善案などを出してきたときにもドリームキラーは出現する。

 

ドリームキラーは、あなたがこれから進む道に割り込んできてやりたいこと、取り組みたいことを止め、あなたの抱いている夢を殺す。

 

夢を殺す。は、語気が強い感じもするが間違いなくその人のやりたいことを潰し、この先の夢を奪っていく。

 

ドリームキラーのタイプはいくつかあり、それぞれの対応が求められる。今日は遭遇する機会が多い3つのタイプを紹介しそれぞれの対応方法を伝えたいと思う。

 

 

 

◉自然派のナチュラルドリームキラー

このタイプは、最もあなたに近い距離にいる。そう、身内や友人に多いのだ。

ナチュラルと名前が付くので気がつく人も多いと思うが、ナチュラルドリームキラーはあなたのことを心配してあなたの道に割り込んでくる。

 

ナチュラルドリームキラー本人は、心配しての行動や助言なのであなたの夢を殺している気は無い。それが辛いところで距離が近いだけに感情的に衝突してしまうことが多い。

 

肝心なのは、ナチュラルドリームキラーはあなたのことを心配しているということを忘れてはいけない。

 

身近な人が止めてしまう現状は辛いが、その人は間違いなくあなたのことを理解していて、これからあなたの応援者となる人。

 

 

◉七つの大罪のジェラシードリームキラー

嫉妬に取り憑かれたドリームキラーの存在はなかなか気が付かない。

このタイプは顔見知りや知り合い、同業者に多い。つまり、仲が良いけどそれ程深く付き合っていない人だ。ジェラシードリームキラーは、あなたが知らないところであなたの夢を殺しにかかる。やり方は多岐に渡り噂の拡散や取引相手など関係者とのコンタクト遮断など映画やドラマに出てきそうなやり方だ。

 

実際にそんなことあるの?と思う方もいると思うが、七つの大罪のひとつである嫉妬は、根が深く厄介で誰かがどうのこうのできるようなものではない。

 

願わくば出会いたくないタイプであるが、あなたが活躍した分だけそれは誕生してくる。唯一アドバイスできるとしたら、ジェラシードリームキラーとは絶縁することをオススメしている。

できるだけ関わらない方がいい。時間の無駄だからだ。

それに、反応してくれることにジェラシードリームキラーは嬉しくて楽しいので相手が喜ぶことに時間を費やしてはいけない。

 

あなたの時間は大切であなたの創り出すコンテンツやサービスを待ち望んでいる人に一刻でも届けることに集中した方がいい。

また、噂を信じやコンタクトを遮断した相手との付き合いも距離を取った方がいい。あなたの仕事はもっと応援してくれる人と取り組むべきだ。

 

 

◉ダメ出し好きアドバイスドリームキラー

アドバイスドリームキラーは、起業や新規事業に対してアドバイスできる立場の人に多い。

アドバイスする全ての人がドリームキラーという訳ではなく、その中でも特に気をつけて欲しいアドバイザーがいる。

(自分自身もこうしてアドバイザーとして仕事をしているので自責の念も含めて書きます)

 

アドバイザーはビジネススキルに長けていて言わばプロフェッショナル的な存在。

しかし、プロフェッショナルな人の中には自らの成功を中心としたアドバイスを送り続ける人もいる。

 

例えば…

「このやり方よりは、こうしてね」

「この方が売れるから、こうしよう」

「それではダメ、こうしなさい」

 

…もはや誰の事業なのか解らなくなってしまう。

ダメ出しばかりのアドバイザーこそ、アドバイスドリームキラーなのだ。

 

 

アドバイザーの仕事はとても難しいものでうまくいかないだろうなっと感じるビジネスプランを目の前にするとついついダメ出しをしてしまう。本当は相手がもう少し考えられる視点や情報を提供したり次の一歩を歩める環境を創り出すくらいが丁度いい。

 

アドバイスする情報も自分の経験上のアドバイスが中心となり、偏りが生まれ多角的な視点からビジネスを展開にくくなってしまう。

 

それらのアドバイスが全て失敗するということはないのだけど失敗した時の責任は全てあなたが取ることになる。

 

アドバイザーからのアドバイスはとても助かるものが多いが、アドバイス通りに展開していくかどうかは自分自身で決めていかなければならない。

 

あなたのやること全てにダメ出しをされて代替案を出されても、本当に実行するかはあなた本人が決めなければいけません。

 

 

 

最後に

起業していくとドリームキラーは必ず現れます。

辛いこともありますが、自分の思い描いた夢を実現していくことは今までに経験したことのないものがたくさん得られます。

ドリームキラーに負けずに突き進んでください。

もし、負けそうになったらスタートアップガレージのコーディネーターに相談してみてくださいね。

もちろん、アドバイスドリームキラーにならぬよう対応させていただきます。

 

コーディネーター

前兼久