どうも、コーディネーターの前兼久です。

スタートアップガレージはいよいよ来月で1周年となります。

 

利用者も増えつつあり、相談案件も増えてきました。

 

相談は創業についてや事業について様々あります。みなさんそれぞれに素晴らしいアイディアを持っていて話を聞く私もワクワクしてきます。

相談というとビシッとしっかりと内容が決まっているものだけかというとそうではありません。

 

ふわっとした相談もあります。

なんとなくイメージは頭にあるのだけど、言葉にできないようなビジネスアイディアを抱えて相談に来ていただいていますs。

 

コーディネーターとしてはある程度形になっている方が助かるのは言うまでもありませんが、頭の中にあるふわっとしたビジネスアイディアを言語化していくのもコーディネーターの仕事なので御心配なくご利用くださいね。

 

イメージをはっきりと共有できないビジネスアイディアは誰かに話しているとはっきりと見えてくることがあります。ただ、それには誰に話すかが大切です。言葉を理解できない飼っている犬に話しても興味がない人に話しても何も変化が起きません。

 

しかし、ビジネスアイディアに興味を持ち今ままでビジネスを展開してきた人はそのイメージを共有することは可能で深く掘っていくと言語化していくことができます。

 

コーディネーターには質問力も求められる部分ですが、頭の中に思い描くイメージ図を現実の世界に引っ張り出していきます。

 

 

相談となるとしっかりしていなければならないように感じますが、初回はそんなに気にしなくてもいいです。ビジネスは最初から仕組みが決まりそのまま成功の道を歩むということはす国です。

 

人に話すことで間違いに気付き、修正することができますよ。

 

折角、思いついたビジネスアイディアを寝かしておくのはもったいないですよ。

是非とも相談窓口をご利用くださいね。