働き方改革が浸透し始め、副業時代がやってきました。

 

従来の働き方である個人が会社にフィットする形式から、個人の能力を会社にフィットさせていく働き方が広がってきています。会社に属しながら副業として他社に出向したり、本業以外の仕事を請け負うという働き方が増えています。

 

この流れはどんどん加速していくことが考えられ、企業も優秀な人材を副業枠で雇うシステムを用意してくると考えらえます。

今回は副業時代がやってきた。あなたはどうする?というテーマで伝えていきたいと思います。

 

 

副業やりたいけど…できない症候群になってしまった方へ

副業やりたいけど、私は何をしていいのかわからない。私にできる副業なんてない。特技を生かしてっと言っても特技がない。などなど、副業したいけどできない症候群の方々は存在しているようです。

 

確かに、副業でバリバリ仕事を展開している人は特定の技術や知識を持ち合わせている人が多いです。しかし、専売特許を持ち合わせている人だけが副業ができるというのは少し違うと私は考えています。

 

私の考える副業は、その人の経験から得られた知識と技術を活かしていくことで収入を得ることと考えています。

 

そのため、今ままで経験してきたことが意外と副業につながることがあるのです。

 

できない症候群になりできない理由を列挙するよりも自分が今まで経験してきたことを挙げてみましょう。副業の道はまずそこからです。

 

副業の動機はなに?

副業をする時の動機として現状の不満や不安が最もの理由のようです。その根源として考えられるのは収入面の問題です。

 

少し調べてみると

  • 副業で手軽にお金を儲けたい
  • 副業で生活費の足しにしたい
  • 副業で悠々自適に生活したい
  • 副業で将来に向けて蓄えをしたい

などなど、副業の動機はお金を稼ぐことが中心であるようです。

しかし、この動機では少しもったいない気がします。

副業は自分のキャリアを広げていく手段として考えるようにしています。

 

現在のキャリアとは違う分野で副業をスタートさせていく。これを繰り返しているとキャリアの幅は広がっていきます。幅はできるだけ広いほうがいいです。かなり勇気がいりますが、新鮮な気持ちと新しい学びを得ることができます。

 

え?収入はどうなるの?という声が聞こえてきそうですが、キャリアの幅によりますが収入はキャリア形成を進めていくことで発生してきます。心配はご無用です。

 

 

副業から複業へ パラレルキャリアを形成する

 

ここまで来るとお気付きの方も多いと思いますが、副業はただ収入を得るだけでなくビジネスパーソンとしてのパラレルキャリアを形成する複業であることが大切です。

 

貴重な時間を使いながら自分の能力を高めて広げていける経験を複業で展開していくのです。

 

企業の倒産、生涯雇用破綻、人材不足やAI・ロボット技術の発展などビジネスを取り巻く環境の変化に対し、個人の能力や経験値はますます重要なポイントとなります。

 

ただ、一つのことを頑なにやり遂げる職人の技術や経験には素晴らしいストーリーがありますが、それ以外の経験がない職人にはそれでしか生きていく術がないということでもあります。

 

技術の発展でいつパラダイムシフトが起こってもおかしくない時代にパラレルキャリアを築いていくことはこれからの時代には必要なことになると考えています。

 

副業時代がやってきた。あなたはどうする?

 

 

コーディネーター

前兼久