起業相談や事業展開についていくつか話を伺っていると共通してアドバイスしている内容があります。

 

その内容とは、起業時に身につけて欲しい能力についてです。

シンプルに言うと行動力と話力、そしてタフな心です。

 

 

行動力は最近、多動力という言葉で知っている人も多いと思います。起業にはこの行動力は欠かすことができない能力のひとつです。

起業時はとにかく動く!動く!動く!です。正直、この期間はブラックかもしれません。しかし、動いた分だけ会社が前に進んでいきます。

 

 

次に話力です。ビジネスの世界ではエレベーターピッチという言い方をします。短い時間でビジネスプランを伝える能力はその後の起業人生において大いに役立ちます。

起業時は熱い思いが先行しやすくなり伝わりにくい内容となってしまいますが、そこを冷静に 誰の課題を 誰が どのように解決し、どの様に広げていくのか そして最後にそれにかける熱い思いを伝えます。これができれば大体O.Kです。

 

最後にタフな心です。

 

これは起業した誰しもが経験してきたことですが、起業した当初は上手く行くことなんてほとんどありません。
野球に例えると良くて2割バッターです。打席に10回立って2回打てればいい方です。

動いて話して無視されて三振!なんてことは沢山あります。ファールやフライ、ダブルプレーなんてこともしばしばです。

それでも大切なことは10回打席に立ち続けることです。10回だけでなく、何度も何度も立ち続けてバットを振るというタフな心が必要です。

 

起業したいと考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

コーディネーター

前兼久