「じゃあ、事業計画書を作ってください。」

ビジネスアイディアを伝えると決まってこの事業計画書というキーワードが出てきます。

多くのビジネスマンにとってこの事業計画書は最初のハードルであり、正直なところ取り掛かりにくいものの一つです。

起業支援をしていますとビジネスアイディアを聴く機会が多いが、それを事業計画書に落とし込んでくる人は少ないように感じています。

 

ーー

事業計画書というと分厚い書類をイメージすると思いますが、私はA4一枚で充分と考えています。

 

え?一枚でいいの?と思う方もいると思いますが一枚で充分です。

 

A4一枚で充分だという理由は幾つかあります。

  1. シンプルに説明できない事業は誰も顧客にならない
  2. ビジネスの変化スピードに対応しやすい
  3. 事業計画書を作る時間よりも実践する時間を確保する
  4. 事業計画を時代の流れに対応させやすい
  5. プレゼンスキルが格段に上がる

と、このようにメリットは多くあります。

 

ーー

では、メリットの多いA4一枚の事業計画書に何を書けばいいのでしょうか?

 

多くのデータや分析などを書いていきたいところですが、それよりも大切なのは誰の課題をどのように解決するのかをハッキリ書くことです。次に解決方法をどのように提供するのかを書きます。

 

シンプルではありますがこの2点だけしっかりと書ければほぼ事業計画書はできたようなものです。

あとは、根拠となる分析データや売上目標は後で追加したら良いです。

もし、追加するとしたら提供するサービスや製品を作るコストや時間などを記載することをオススメします。

質より量を求める方も多く、もっと詳しい分析や調査の情報を載せて欲しいという方もいると思います。もちろん、全てA4一枚で良いという訳ではありません。事業の成功に必要なデータなどは集める必要はあります。

 

ここで大切なことは、事業をスピード感を持って進めるためには事業計画書の完成度を上げるため机に張り付いている時間がモッタイナイということです。

 

今の時代、スピードは最大の武器です。多くのビジネスマンがビジネスアイディアからビジネスモデルを作ることに時間をかけて過ぎている場合があります。

事業化が遅れ競合他社に先を越されてしまうことは多々有ります。

 

A4一枚の事業計画書は頼りなく感じますがスピードや変化の対応がしやすいなどメリットが多くあります。

 

ーー

おわりに

是非とも紙とペンを持ってビジネスアイディアを書き出してみてください。

私はいつもノートに乱れ書しております。

パソコンを使うよりも実際に書いてみると自由に書けるのでかなりまとまった事業計画書になりますよ。

もちろん、提出するときはパソコンで書いたほうがいいですよ。

 

コーディネーター

前兼久

 

 

連絡

8月中にビジネスモデルキャンバスを用いた事業計画書の書き方講座を企画しています。正式に日時が決定したら連絡します。