今日はマーケティングについてのお話です。マーケティングにはどのような役割りがあるかご存知でしょうか?

シンプルに伝えるとマーケティング担当は会社がどの市場(領域)で活躍するかを決定するしなければならないという役割りがあります。

戦国時代の話が好きな方は策士または軍師と伝えればイメージがつきやすいのではないでしょうか?

今日はそんなマーケティングについてのお話です。

 

ーーーーーー

 

みなさんこんにちは、ヘルスケア担当の前兼久です。

 

今日はマーケティングにいてお伝えしていきます。

 

なんで私がマーケティングについて話すのかという声が聞こえてきそうですので少し自己紹介をしながらマーケティングについてお話ししたいと思います。以前自己紹介した記事はこちら

 

私は、株式会社Performance Rehaでマーケティングを担当しています。

株式会社Performance Rehaはヘルスケア分野を活躍の場にしています。
健康づくり(トレーニング・治療)、行政との連携事業、介護事業サポート(コンサルティング事業)など事業を徐々に展開しお陰様で今年で6期目を迎えています。

 

起業した当初は「知識も技術も自信がある。起業後は順調に行くだろう」と希望的観測と根拠なき自信を持ち合わせておりました。
皆さんが想像がつくかと思いますが、そう起業が希望的観測と根拠なき自信で上手く行くわけがありません。苦しい時間を過ごす中でできることは勉強することと実行することです。

 

・今ある資源(リソース)で最大の効果を発揮するには?

・コストをかけずに知ってもらうには?

・ブランド力を上げるためには?

 

など、いくつかの質問をノートに書き出し、それぞれに答えて行きました。まさに自問自答です。

 

いくつか質問を設定して、その質問に答えていくことで【今、何をしなければならないのか】がハッキリ見えてきました。
この時、うっすらとイメージできていたのは今後の事業展開をするために領域設定と影響力を持つきっかけを作ることでした。

結果として、自分たちの活躍する場を形成することができました。

 

ーーーーーーー

 

マーケティングはただの会社を知ってもらうための広報活動だけと考える方もいると思いますがそうではありません。

 

しかし、実際には市場の動向や政策、消費者意識、テクノロジーの発展など様々な要素を理解しながらこれから会社が活躍できる環境を見つけ出したり、生み出したりする役割りがあるのです。

 

闇雲に機能満載のモノやサービスを作り市場に投下してもなかなかヒットを生まない時代です。モノづくりにおいてもサービス業においても自分たちが活躍できる環境を決めて行かなければなりません。

 

マーケティングは奥が深くとても面白い分野です。

これからはマーケティングを担当する人材が重要となってくると私は考えています。スタートアップ ガレージでもマーケティングを学ぶイベントをやりたいなとも考えています。
興味がある方は是非、参加してくださいね。

 

コーディネーター前兼久(ヘルスケア担当)