「起業ってどうですか?」

ゴールデンウィークが終わると夏日がやってきましたね!
夏が近づくと自然に朝4時に目が覚めて海に向かうサーフィンが趣味の前兼久です。

 

今日は天気が良く太陽の日差しも強さを増してきました。5月から熱中症が多くなりますのでみなさん体調管理には気をつけてくださいね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

先日、新規事業の相談をしていたところ 起業ってどうなの? という話になりました。

 

起業して良かったか?ということですが、私も起業して6年目となり紆余曲折、七転八倒、原点回帰などさまざまな経験をしてきました。

 

多くの起業経験から言えることは【起業して良かった!】ということです。もちろん良いことばかりではありませんが…。

 

辛いことも良いことも半分という感じです。どちらかと言えば辛い経験の方が多いように感じます。努力し苦労した分だけ報われるというのは起業だけではなく、何かをはじめた時と同じで全てが報われることはありません。

それでも起業して良かったと言えます。

 

起業は新しい未来を創ること

私は起業は新しい未来を創ることと考えています。

 

この悩みを解決できる方法はないか?どうしたら不安を減らし楽しい時間が増えるのか?誰かの課題を解決しようと動きだすことが起業または新規事業のスタート地点となります。

 

起業する目的は人それぞれです。お金が欲しい、自由な時間が欲しい、自分のやりたことだけをやりたいとそれぞれの想いや考えがありそれにあった起業のスタイルというものがあります。

 

どのスタイルも成功する要素は十分にありますがやはりポイントとなるのは誰かの課題を解決しているか?に応えていることではないでしょうか?

 

 

チャレンジすることが楽しいと感じるからこそ

今、メジャーリーグから目が離せません。
大谷選手の活躍やイチロー選手の展開などどれもとても面白い!


大谷選手は二刀流をメジャーリーグで実現しようとしていますし、イチロー選手は今シーズンは選手としての活躍はできないものの新しい野球人としての活躍の場を広げています。

 

どちらも自分が実現したいことにチャレンジし楽しんでいるように思います。

 

起業もチャレンジです。

人生で一度あるかどうかのチャレンジを楽しむことは難しいかもしれませんが、それでも楽しい部分や場面を発見して欲しいと思います。楽しいと感じれるからこそ続けられ、苦しく辛い場面に遭遇してもまた立ち上がれるというものです。

起業にはどうしても失敗するイメージがついて回りますし周囲も全力で止めてくれます。起業はどうしても倒産してしまうというイメージが強いからと思いますが、意外にも起業でいくつかポイントを押さえているとすぐに倒産するということはありません。

ここStartup Garageでは起業や新規事業へのアドバイスをそれぞれの分野で起業経験を持つコーディネーターが対応しています。

 

もし、あなたが起業したいと考えているなら気軽にStartup Garageにお越しください。

そして、コーディネーターに「起業ってどうですか?」とお尋ねくださいね。

 

それでは

コーディネーター前兼久